放射能が子供へ与える影響

日本は世界有数の地震大国です。
2011年3月11日に起きた東日本大震災では、多くの犠牲者が出ました。そして今もなお行方不明の方がたくさんいらっしゃいます。また、東日本大震災で被害を受けた福島原発の放射能漏れの影響が、新たな脅威として多くのメディア媒体で話題になっています。特に子供への影響が懸念されているのは、みなさんご存知だと思います。

放射能の基準値

まず、現在の日本には放射能の基準値があります。この基準値というのは、放射能が体内に入った場合でも身体への影響がない範囲内として定められた値のことです。基準値に関しては様々な推測がされています。

しかし多くの推測では、この基準値は成人に影響の少ない範囲内の値であって、子供へ与える影響の基準値ではないとされています。したがって、放射能が子供へ与える影響というのは、基準値以上と考えることができます。

放射能が子供へ与える影響

子供は大人に比べ身体が小さいです。故に、放射能の影響を大人よりも受けやすいとされています。子供が受ける放射能の影響は、成人の数倍になると言われています。場合によっては、数十倍の影響を受けることも懸念されています。

現段階では確実に大人よりも子供の方が影響を受けるとは言い切れませんが、例えば新生児が成人と同量の放射能を浴びた場合、新生児の方が影響を受けると考えるのは当たり前です。

子供への放射能対策として

子供の放射能対策は、私達大人よりも重要です。

当ショップでは、放射能フリーな食品や放射能デトックスの飲み物を販売しております。微量であっても、放射能を浴びている期間が長ければ長いほど、少なからず身体に害があるはずです。健康を維持するために、身体から放射能を除去したいと考えている方にとって、当ショップで販売している放射能デトックスの飲み物は最適と言えるでしょう。当ショップでは、サプリメントなども取り扱っております。

放射能から逃れるために、遠くの地に住むことも良い方法ではありますが、様々な理由により留まることを余儀なくされた方もいらっしゃるでしょう。そのような方はお子さんのためにも、ぜひ当ショップの商品で対策を講じるようにしてください。